CDP(カスタマーデータプラットフォーム)サービスを提供するトレジャーデータは9月14日、営業部門向けの「Treasure Data CDP for Sales(CDP for Sales)」とコンタクトセンター向けの「Treasure Data CDP for Contact Center(CDP for Contact Center)」の二つのサービスの販売を開始した。CDPの活用がマーケティング以外の場面にも拡大していることから、新サービスにより顧客層を広げていく考えだ。

 CDP for Salesは、企業情報や受注・契約情報、MA、SFA、CRMといった各種ツールのデータを集約・統合する。統合したデータをAIで分析することで、受注確度の予測などが可能になり、顧客対応の最適化や効率化を実現するという。