クオリティソフトは、クラウド型IT資産管理ツール「ISM CloudOne」の最新バージョン「ISM CloudOne Ver.7」を10月15日にリリースした。


 ISM CloudOneは、07年の発売開始以降、トランスペアレントな安全を提供するクラウド型IT資産管理ツールとして、国内外問わず企業のビジネス活動のための支援ソリューションを提供している。インターネット環境があれば自宅や外出先、海外拠点など、「いつでも」「どこでも」PCやデバイスの管理やセキュリティ対策が可能なため、働き方改革やテレワークなど、さまざまなワークスタイルに対応できる。

 今回の最新バージョンでは、来春に予定されている改正個人情報保護法の全面施行でさらにニーズが高まる操作ログ機能を大幅に拡充し、ログデータの長期保管(最大7年分)と保管されたログデータの一括検索、セキュリティレポートをはじめとする視認性の高いログレポートを新たに加え、管理工数の削減を支援する。

 また、インターネット環境でのリモートサポートを支援する「クイックリモコン」、Windowsに標準搭載されているアンチウイルスソフトWindows Defenderの一元管理が行える「DefenderControl」をそれぞれ追加可能な個別有償サービスとしてリリース。大規模ユーザーからサプライチェーンの一端を担う中小企業までのさまざまなPC管理ニーズに対応する。