理経は、米VMS SoftwareのOpenVMS製品の販売を開始した。


 OpenVMSは、過去40年以上にわたり、高い安定性と安全性をもつ可用性のあるオペレーティングシステム(OS)の一つ。従来、OpenVMSは特定のコンピューター専用OSだったが、22年にリリース予定のx86版OpenVMS V9.2からIntelx86-64アーキテクチャー上での動作が可能となり、さらにオープンなOSとなる。

 x86版OpenVMS V9.2では、既存のAlphaサーバー、ItaniumサーバーのOpenVMSユーザーが、より一般的なx86-64アーキテクチャーの機種をサーバーの後継機として選択することが可能となる。また、既存のOpenVMS環境を、最新のx86-64アーキテクチャーのハードウェア上や仮想環境上(VMWare、Oracle Virtual Box、KVMなど)、クラウド上に移行することができる。

 理経では今回、x86版OpenVMS V9.2がIntelx86-64アーキテクチャー上で動作することを踏まえ、従来から長くOpenVMSを利用している顧客に向け幅広い機種の選択を提案するため、VMS Softwareの親会社であるTERACLOUD(本社はルクセンブルグ)と販売代理店契約を結び、OpenVMS製品の販売と保守運用を開始した。

 今後、理経は、既存のOpenVMSを利用中のユーザーに向け、x86版OpenVMS V9.2への切り替えを提案していく。また、プラットフォーム移行時の既存プログラムの修正についても相談を受け付けるほか、国内保守サポート窓口としてメールによるサポートも提供する。