ソフトバンクは高校生を対象としたAI活用人材を育成する教育プログラム「AIチャレンジ」を2022年4月から提供する。国内ではAIを活用できる人材が不足していることから、実践的な教育プログラムにより人材創出を目指すとしている。
 
池田昌人・本部長

 AIチャレンジは、「AI活用リテラシーコース」と「AI活用実践コース」の二つをコースとして用意する。両コースは文部科学省の新学習指導要領に準拠しているため、高校でのプログラミング教育の必修化により、2022年4月に開始となる「情報I」「情報II」の授業で利用可能だ。

 AI活用リテラシーコースでは、ソフトバンクグループの実例を基に、AIの基礎知識を学び、その後、AIを用いた課題解決の方法を生徒が自ら考えるという内容となっている。考えた課題解決方法には、ソフトバンクグループの実務者がアドバイスと講評を行う。

 AI活用実践コースでは、AI活用リテラシーコースの内容に加え、演習テーマに沿ったAIモデルを作成し、身の回りの課題を解決するといったより実践的な内容となる。例えば、ウェブサービスや人型ロボット「Pepper」などに実際にAIを組み込み、学校や地域社会における身近な課題の解決を目指すとしている。