ワークスアプリケーションズのグループ会社であるワークスアプリケーションズ・エンタープライズとワークスアプリケーションズ・システムズは、SaaS型システム「HUE Works Suite」とBPOサービスを組み合わせた新しいバックオフィス支援型サービス「HUE AI-OCR for BPO」の提供を開始する。

「HUE AI-OCR for BPO」
サービスイメージ

 HUE AI-OCR for BPOは、自社製AI-OCR Engine搭載の「高性能のAI-OCR読み取り機能」に加え、「帳票上の文字データ(企業名や商品名)を後続のシステム登録に必要なデータ(企業コードや商品コード)に読み替えを行うオートコンプリート/マスタ設定機能」など、業務上欠かせない各種機能の搭載によって業務プロセスの効率化を実現する。HUE AI-OCRの初期設定やデータ読み込みや保守など、複雑で面倒な作業をBPOサービスと組み合わせることで大幅な業務効率の向上とコストの削減を可能する、としている。

 また、業務上重要な証憑の電子化(スキャニング)、業務システムへの入力作業など、手順化された簡易的な業務(ノンコア業務)を巻取り、バックオフィスを支援する。業務量に応じた課金ができることから、さまざまな業務部門で利用が可能となっている。