ニュース

平城宮跡歴史公園で遠隔型自動運転の観光ロボットタクシーの実験、マクニカなどが実施

2021/10/29 10:00

 マクニカは、モピとアウトソーシングテクノロジー(OST)と共同で「遠隔型自動運転の観光ロボットタクシー」運行の実証実験を平城宮跡歴史公園で実施する。実施日は、11月の6日、7日、13日、14日、20日、21日、27日、28日。


 実証実験では、マクニカが運行企画立案、運用サービス検証を担い、モピが自動運転車両・自動運転システム・遠隔監視・車両予約・AI音声観光ガイドシステムの提供、OSTが社会実験車両とシステムを連携させるためのエンジニアリング支援と実証実験オペレーションを行う。スマートフォンによる車両の呼び出し、自動で迎車を含む自動運転車両の乗車、AI音声観光ガイドなどが体験できる。

 実証実験を通じてマクニカは遠隔監視システムを使用した自動運転における運用面、技術面の課題を検証し、自動運転の実用化に向けて、実運用を意識したサービスモデルの検討を進めていく。

関連記事

マクニカ、専用ラボを新設しAIと脳科学の組み合わせを研究

IDaaS大手のOktaが日本法人を設立 「ゼロトラスト」の重要機能を提供、国内ビジネス拡大へ

リモートワークで注目集めるゼロトラストセキュリティ セキュリティの新概念、押さえるべきポイント

外部リンク

マクニカ=https://www.macnica.co.jp

おすすめ記事