TISは、オンライン予約に関する性質をスコアリングして悪質な予約による被害削減を支援するサービス「Reservation Eye」を、国内のオンライン旅行予約サービス向けに1月から提供する。
 

サービス概要

 Reservation Eyeは、オンライン予約情報に対するNo Show(予約したにもかかわらず事前のキャンセルなく現れない予約客)のリスクをスコアで提供する。オンライン旅行予約サービスの予約サイトで利用者が予約確定を行うと、Reservation Eyeに情報が連携。連携された予約情報を約200個の要素に分解した上で、No Showの発生リスクを算出し、宿泊施設にスコアとして開示する。

 全ての予約に対して意思確認の事前連絡を実施している宿泊施設は、No Showリスクの高い予約だけを抽出することができ、人的コスト削減や生産性の向上、被害の軽減が可能となる。