Skyは、企業・団体向けクライアント運用管理ソフトウェアの新バージョン「SKYSEA Client View Ver.17.1」を11月29日に販売開始した。

SKYSEA Client View Ver.17.1

 今回の新バージョンでは、よりセキュアなIT運用管理を支援するため、組織内のデータの暗号化とUSBデバイスによる持ち出しを特定のユーザーに限定して許可できるように強化した。また、セキュリティアラートが発生した際の通知メールを、各部署の管理者に個別で送信し、分散管理ができるようにした。さらに、認証システムとの連携機能で新たに顔認証システムに対応したほか、「Windows 11」搭載PCの運用管理が可能になるなど、各種機能の強化を図っている。

 具体的には、「取り扱いファイル暗号化」機能による暗号化ファイルの持ち出しを、クライアントPCに加えてセキュリティグループやユーザーも併せて指定し、許可することが可能になった。管理職のグループや特定の責任者のみ持ち出しを許可するなど、対象を限定することでさらにセキュアな運用につなげることができる。

 アラート発生時に管理者へ送信する通知メールの宛先を、部署ごとに指定できるように改善した。例えば、ある部署でアラート検知された場合、同じ部署に所属する管理者へメール通知することができ、アラート発生時の対応を部署ごとに分散して行うことができる。

 他社メーカーの認証システムとの連携機能で、新たに顔認証システムとの連携に対応した。顔認証を使ってログインしたユーザーアカウントごとに、PCの操作状況をログで記録したり、デバイスの使用を制限することができる。

 Windows 11を搭載したPCの運用管理では、PCごとにOSバージョンなどの情報が確認できるほか、事前の動作検証を行うための大型アップデートの制御や、品質更新プログラムの取得・適用が行える。