アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、クラウド型次世代ウェブフィルタリングサービス「InterSafe GatewayConnection」に新機能を追加し、1月31日にアップデート配信を開始した。

バージョンアップのポイント

 GIGAスクール構想により全国の学校で1人1台端末の運用がスタートし、児童・生徒がいつでもどこでもインターネットを利用できる環境の整備が進んでいる。これにより、動画や音声を用いた教材の充実や児童・生徒一人ひとりに合わせた細かい指導が可能になるなど、インターネットの利活用が進んでいる。一方で、「夜間など先生や保護者の目が行き届かない時間帯でのインターネット利用の増加」「コミュニケーションツールを使ったいじめや誹謗中傷」など危険性のあるインターネット利用に関する問題も多く発生している。

 InterSafe GatewayConnectionでは、これら問題の解決に有効な機能として、高精度URLデータベースに基づくカテゴリーフィルタリングやスケジュール設定、インシデントアラートなどを提供している。今回のアップデートでは、多くのユーザーからの要望に応え、新たに授業中や放課後など、時間帯ごとのインターネット利用の詳細な制御や、学習用途外のアプリケーション利用の防止が可能となり、安全なインターネット利用に向けた対策強化を実現する。

 具体的には、特定URLへのアクセスを許可/規制する「例外URL機能」で、曜日/時間帯に応じてスケジュールの設定ができるようになった。例えば、「動画配信」カテゴリーへのアクセスは規制したいが、YouTubeの指定チャンネルに限っては授業に必要なため視聴できるようにしたい。こうした場合、平日の日中など授業時間帯だけ視聴を許可し、夜間や休日など授業以外の時間では視聴を規制する、といった対応が可能となる。

 また、HTTP/HTTPSを利用しないアプリケーション通信の規制が可能となった。これにより、授業や校務での学習用途以外のアプリケーションの利用を防ぎ、安全な端末利用を促進する。