アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、Microsoft 365おまかせサービス「Swindy(スウィンディ)」の新たなパックメニューとして、ゼロトラスト環境構築支援パック(ゼロトラパック)の提供を1月27日に開始した。

 

 Swindyでは、これまで二つのセキュリティ強化パックの提供を行ってきた。今回、新たに提供するゼロトラパックでは、Microsoft 365を導入済の企業でライセンスやオプションを追加することなく、既存の機能を活用することでゼロトラスト環境を構築する。これにより、セキュリティ専門人材の少ない中堅・中小企業でもゼロトラスト・セキュリティ対策が可能となる。

 具体的には、Microsoft 365で管理しているID/パスワードを使い、外部のクラウドサービスが利用できるようになる。管理者側にとっては、認証を強化し、不正ログインやなりすまし防止などのセキュリティ対策を行うことができる。従業員側にとっては、各種クラウドサービスごとにID/パスワードを設定・入力する手間を省くことができる。

 Azure ADを使用したID認証による条件付きアクセスでセキュアなクラウドアクセスを実現。あらかじめ会社が認めたデバイス・OSで、許可されたウェブページ・クラウドサービスのみを利用できるように設定することができる。

 Azure AD Application Proxyにより、VPNなしでもセキュアなアクセスが可能で、在宅勤務などのテレワークをより快適にセキュアに行うことができる。また、Microsoft Cloud Discoveryにより、従業員が使用しているクラウドアプリケーションを検出し、クラウドの使用状況やシャドーITを可視化できる。

 税別価格は、基本パックが105万円から。