アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、pringと連携し、ALSIのクラウド型経費精算サービス「BIZUTTO経費」に、pringの「pring法人送金」を4月18日から追加する。また、電子帳簿保存法の電子取引に関するデータ保存義務化に対応した新サービス「BIZUTTO(びずっと)エビデンス」も、同時に提供する。

BIZUTTOエビデンス

 pring法人送金は、法人から銀行口座や従業員のpringアプリに24時間365日いつでも送金することが可能。簡単操作でいつでも従業員の銀行口座への振り込みや従業員のスマートフォンを使用し、pringアプリへ電子マネーの送金ができる。

 通常、他の銀行への振込手数料は200円から600円以上の手数料がかかるが、pring法人送金は、200円/件で銀行口座に送金可能なため、請求書の支払いが多い企業ほど、振込手数料を削減することができる。

 また、振込手数料の削減を目的として従業員に給与振込用の口座を同行で開設してもらう企業が多くあるが、pringアプリでは従業員のスマートフォンに50円/件と低額な振込手数料で送金できる。そのため、従業員に新たな銀行口座を開設してもらう手間を削減しつつ、低額な振込手数料で給与の送金が可能となる。

 同時に提供するBIZUTTOエビデンスは、電子帳簿保存法の電子取引データ保存義務化に対応し、電子メール、クラウドサービスなどで授受した請求書や見積書などの電子取引ファイルを保管・検索できるサービス。また、ユーザー数やファイル数の制限もなく、無料で利用できる。これから電子取引データの電子帳簿保存法対応を進める企業のスモールスタートに最適のサービスとなっている。