ネットワールドは6月21日、半導体、フラットパネルディスプレイなどの独自開発製品を国内外に提供するローツェの情報系システム基盤プロジェクトに、ネットワールドが提供するハイパーコンバージド・インフラストラクチャ(HCI)製品「Dell VxRail」と、バックアップシステム「Dell PowerProtect DP4400」が採用され、本格稼働開始したと発表した。

システム構成図

 ローツェは、事業の成長に応じて段階的にシステムを導入してきたためインフラ環境が複雑化し、Linux標準のハイパーバイザーであるKVMを利用した小規模な仮想化基盤が社内に乱立し、運用管理がかなり煩雑になっていた。

 今回、VxRailでインフラ環境を刷新して、分散した小規模仮想化基盤をシンプルに統合・集約化し、仮想環境全体を単一のコンソールで監視・管理することが可能となったことで、日常的な運用管理負荷を大幅に軽減した。そのコスト削減効果は、年間約900万円相当とされている。また、従来利用していた複数の物理サーバーをVxRailに集約することで、ハードウェアの台数を大幅に削減。一方で、収容できる仮想サーバーの台数は2倍以上となった。

 また、従来は開発製品の図面やファイルサーバーのデータを内製ツールでバックアップしていたが、データ容量の増大により処理に時間がかかり、データが複数のストレージに分散していたため必要なデータを短時間でリストアすることができなかった。今回、DP4400の圧縮・重複排除機能により、バックアップデータ容量を実データの13分の1から14分の1程度に削減した。その結果、約18時間かかっていたバックアップ処理時間を約6時間に短縮し、2週間分のデータを余裕をもって保存できるようになった。さらに、全てのバックアップデータを一元的に管理することで、必要なデータを探す手間を削減することが可能となった。

 旧仮想化基盤からのシステム移行は、ネットワールドのパートナーであるインフォセンスが担当。綿密なスケジューリングとリハーサルを実施し、困難が予想されたActive Directoryサーバーのバージョンアップも中間バージョンを介した2段階移行にすることで対応した。

 ソリューション選定にあたっては、各製品の長所・短所や向き・不向きをフラットな目線で提案するネットワールドに信頼を寄せるとともに、DP4400の導入でネットワールドの技術支援を高く評価した。