ニュース

NECがグローバル5G事業の重点施策を発表 Open RAN市場でシェア拡大を目指す

2022/09/27 16:00

週刊BCN 2022年10月03日vol.1940掲載

 NECは9月22日、グローバル5G事業に関するメディアブリーフィングを開催した。「2025中期経営計画」で成長領域に位置づけている同事業の進捗と今後の戦略を発表し、Open RAN市場でシェア拡大を目指す方針を示した。

 2022年度の重点施策は「Open RANの商用システム構築による市場形成、およびポートフォリオ強化による提供価値の拡大」と「顧客エンゲージメントによる各領域の強化」、「5G技術を備えたリソースのグローバルへの拡充、体制強化」の3点だ。
 
グローバル5G事業における2022年度の重点施策

 「Open RANの商用システム構築による市場形成、およびポートフォリオ強化による提供価値の拡大」では、SI体制とO-RUのポートフォリオを拡充することで、製品の提供価値だけでなく、スピード感のある商用システムの構築を目指す。先行している欧州顧客のプロジェクトに注力して実績を重ねることで、幅広い場面でOpen RANが使えることを証明する狙いもある。海外では、日米豪印(QUAD)の連携によるセキュアなネットワークの枠組みも推進していく。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

NECとカゴメ AI活用で「AI(愛)のプリン」を開発 子どもの野菜嫌いを克服

NEC メインフレーム事業を継続 三井住友銀行が次期勘定系に新機種を採用

NEC、新たな働き方改革「Smart Work 2.0」を本格展開 働きがいの実感を高める

外部リンク

NEC=http://jpn.nec.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>