ニュース

クオリティアの「Active!gate SS」、マツヤがセキュリティ対策の強化に向けて導入

2023/09/14 14:32

 クオリティアは9月13日、マツヤがメール誤送信防止サービス「Active!gate SS」を導入した事例を発表した。

 マツヤは、「働き方のこれから」と「ワークスタイルの変革」を掲げ、「オフィス」と「IT」の2事業を大きな軸にオフィス総合支援サービスを提供している。栃木県で1963年に創業し、今年で160周年を迎えた同社は、Google Cloud事業部(MPLUS)の成長にともない、Google Workspace導入支援に従事する社員が増加し、関連するサードパーティー製品のライセンス販売も伸びている。

 同事業部では、Google Workspaceで利用するGmailのセキュリティ対策と、同社の顧客への提案力を強化するために、Active!gate SSを導入し一時保留やウェブダウンロードを活用している。

 マツヤでは、Active!gate SSの評価ポイントとして、「Google Workspaceユーザーのセキュリティ強化にActive!gate SSを提案」や「Googleのクラウドサービスのエキスパートも認める本格的な誤送信防止機能」「簡単な使用方法でユーザーと相手先に負担がかからないスムーズなやり取りを実現」「外部宛のメールに一時保留を適用して内部チェックを実現し誤送信の心配を低減」「Active!gate SSを自社で利用することで知見を集めて顧客への提案力を向上」といった点を挙げている。
  • 1

関連記事

クオリティア、オムニサイエンスが「Active!gate SS」を導入

クオリティア、サンメッセが「Active!zone」などを導入

クオリティアの「Active!gate SS」、フォローウインドがPPAP問題解決で導入

外部リンク

クオリティア=https://www.qualitia.com/jp/

マツヤ=https://www.matuya-net.jp/

「Active! gate SS」=https://activegate-ss.jp/

「マツヤのActive!gate SS導入事例」=https://www.qualitia.com/jp/case/agss_matsuya.html

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>