ニュース

米Denodo Technologies日本法人、データ仮想化基盤への需要高まる パートナービジネスで顧客数を拡大

2024/02/01 16:00

週刊BCN 2024年02月05日vol.2001掲載

 米Denodo Technologies(デノード・テクノロジーズ)の日本法人は1月30日、記者会見を開き、2024年の事業戦略を説明した。社内に散在するデータの活用を効率化する自社のデータ仮想化基盤への需要が高まっているとし、パートナービジネスで顧客数の拡大を目指す考えを示した。

 24年の戦略では、グローバルで採用が進む業界にアプローチし、金融や流通、自治体を中心に顧客の獲得を図る。国内の顧客が約50社になったことから、カスタマーサクセスに注力し、顧客の社内での利用範囲の拡大も進める。企業の間では、データ利用のスピード向上や柔軟性の確保に関するニーズが増え、短期間に低コストでデータが活用できる同社のデータ仮想化基盤を求める声が多く上がっているという。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

外部リンク

Denodo Technologies=https://www.denodo.com/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>