ニュース

米Veeam Software日本法人、BaaSとコンテナ環境向けソリューションに注力 24年事業戦略を説明

2024/02/15 16:00

週刊BCN 2024年02月19日vol.2003掲載

 米Veeam Software(ヴィーム・ソフトウェア)の日本法人は2月8日、2024年の事業戦略を報道関係者向けに説明した。BaaS(Backup as a Service)ビジネスや、「Kubernetes」を活用したコンテナ環境向けソリューションの拡大を主軸とし、パートナービジネスの強化にも取り組む方針を示した。

 同社は、バックアップをas a Serviceモデルで提供するBaaSの「Cirrus by Veeam」を提供しており、説明会では「Microsoft 365」を対象とする「Cirrus for Microsoft 365」を紹介した。Cirrus for Microsoft 365では、ヴィーム・ソフトウェアが日々の運用を担うため、ユーザー側ではインフラの整備や運用の負荷なしでデータを保護できる。Web UI(ユーザーインターフェース)が日本語にローカライズされていることに加え、バックアップデータの格納先に国内リージョンのストレージを選択できるのが特徴だ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

ヴィーム・ソフトウェア、日立とOEMサポート契約を締結 顧客層拡大に向けパートナー施策を強化

DIS、ヴィーム・ソフトウェアとディストリビューター契約

ヴィーム・ソフトウェアの事業戦略、サポート体制を強化 データ復旧費の保証サービスも提供

外部リンク

ヴィーム・ソフトウェア=https://www.veeam.com/jp

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>