ニュース

パナソニックコネクト、物流の「2024年問題」を新技術で解決へ トラックの荷待ち時間を最大50%削減

2024/03/14 16:00

週刊BCN 2024年03月18日vol.2006掲載

 パナソニックコネクトは3月8日、傘下の米Blue Yonder(ブルーヨンダー)と連携し、物流の「2024年問題」の解決に資する新技術「タスク最適化エンジン(仮称)」を開発したと発表した。倉庫での作業を最適化し、同問題に直結する課題であるトラックの荷待ち時間を最大50%削減できるとしている。

 新技術は、ブルーヨンダーの倉庫管理システム上の入出荷情報に応じて、AIアルゴリズムがロボットアームや人による作業などを割り当て、出荷作業の効率化を支援する。新技術と連動し、作業用ロボットを一元管理できる「ロボット制御プラットフォーム」も披露した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

パナソニックコネクト、意思決定の支援や被害を予測 25年をめどに防災システムにAIを搭載

成長が始まる場所にたどり着いた パナソニックコネクト 代表取締役執行役員プレジデント兼CEO

パナソニックコネクト・樋口泰行代表取締役執行役員プレジデント兼CEOの愛用ツール <ペルー発祥の打楽器「カホン」>

外部リンク

パナソニックコネクト=https://connect.panasonic.com/jp-ja/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>