ニュース

OBC、「建設仮勘定オプション for 固定資産奉行V ERPクラウド」を発売

2024/04/26 15:44

 オービックビジネスコンサルタント(OBC)は、建設仮勘定の計上から固定資産登録までの一連の業務を正確に、手間なく処理できる「建設仮勘定オプション for 固定資産奉行V ERPクラウド」(建設仮勘定オプション)を4月30日に発売する。

建設仮勘定オプション for
固定資産奉行V ERPクラウド

 自社で使用することを目的とした建設中・製作中の固定資産が完成するまでにかかった支出は、建設仮勘定としてもれなく計上し、引き渡しを受けた時点で本勘定に振り替える処理が必要となる。支出の計上漏れや本勘定への振替漏れは、企業の会計管理に影響を与えるため、正確に行わなければならない重要な業務の一つ。しかし、業務の複雑さから、一般的な固定資産管理システムでは対応していないため、「Excel」で管理しなければならず、業務への負担を感じている企業も少なくない。

 こうした中、OBCでは建設仮勘定オプションを発売し、パッケージシステム一つで建設仮勘定の複雑な処理を手間なく正確に行える環境を提供する。また、同オプションの発売により「固定資産奉行V ERPクラウド」は、上場・IFRS適用企業が必要とする固定資産管理の業務要件を網羅するだけでなく、サービス業や製造業・不動産業といった、建設仮勘定業務に課題をもつ企業にも利用することが可能となった。 

 建設仮勘定オプションでは、建設仮勘定を手間なく計上し、本勘定振替と同時に固定資産情報として登録でき、漏れなく固定資産管理を行うことができる。また、勘定奉行V ERPクラウドと一緒に利用することで、会計仕訳も自動で連携するため、正確でスピーディーな会計管理を実現する。
  • 1

関連記事

OBC、「給与奉行クラウド」の定額減税対応業務を自動化

OBC、日本フットボールリーグ所属チーム「クリアソン新宿」とパートナー契約

OBC、奉行クラウドなどで「SOC1 Type2」「SOC2 Type2」報告書の取得完了

外部リンク

オービックビジネスコンサルタント=https://www.obc.co.jp/

「建設仮勘定オプション for 固定資産奉行V ERPクラウド」=https://www.obc.co.jp/bugyo-cloud/kotei/function/kenkari

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>