ニュース

米Oracle、新DB製品「23ai」をクラウドで提供 データ利用、アプリ開発のAI利用後押し

2024/05/16 16:00

週刊BCN 2024年05月20日vol.2014掲載

 米Oracle(オラクル)は米国時間の5月2日、データベース(DB)製品の最新バージョン「Oracle Database 23ai」のクラウドサービス版の提供を開始した。2022年10月にベータ版がリリースされた「Oracle Database 23c」の機能を拡充した上で名称を変更した。AI領域を中心に強化し、データ活用、アプリケーション開発におけるAI利用を後押しする。

 23aiは長期サポートリリース版で、5年間のプレミアサポートなどが受けられるほか、既にサポート契約を結んでいる顧客は無料でアップグレードできる。現状では、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上の「Exadata Database Service」「Exadata Cloud@Customer」「Base Database Service」「Oracle Database@Azure」で稼働し、オンプレミスにも今後対応する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

米Oracleが日本に約1兆2000億円を投資 AI需要とデータ主権に対応、DCと人員も増強

米Oracle、OCIの生成AIサービスの提供を開始 RAG搭載のエージェントも発表

【2024年 新春インタビュー】日本オラクル 企業ITの「レジリエンス向上」を支援

外部リンク

日本オラクル=https://www.oracle.com/jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>