「勝負の年」

安延 申社長

 景気の回復を本格的に実感できるようになった。当社は、大企業に比べて景気回復が遅い傾向にある中堅企業をメインの顧客ターゲットとし、IT需要が集中する首都圏ではない大阪に本社を構えるが、その効果は見え始めている。

 主力の自社開発ERP(統合基幹業務システム)が好調で、来年度(07年3月期)は今年度(06年3月期)売上高見通しに比べて、約54%増の100億円が目標になる。いまの延長線上で、売上高を急伸するのは難しいため、M&A(企業の合併と買収)も視野に入れる。変化のスピードが速いだけに〝時間を買う〟発想も必要だろう。

 グループの再編も進めている。個別の製品ラインはグループ各社が担当し、ウッドランド本体は経営機能や技術開発、コンサルティングに集中する。これにより、幅広いラインアップを揃えた総合ソリューションプロバイダとして、顧客企業への提案営業に力を入れる。当社独自の業務アプリケーションパッケージを活用することで、大手ITベンダーとの価格優位性を強める。当社の得意分野である販売管理システムでは、今後、ますますパッケージソフトの活用が進む領域と見ており、強みを最大限発揮していく。

 06年は勝負の年になる。M&Aやオリジナルパッケージを駆使して顧客の経営問題を解決するソリューション事業を推進するとともに、グループ全体の総力を発揮することで業績の大幅な伸長に結びつけたい。