「一流カンパニーを目指す」

後藤明夫社長

 当社が三菱総合研究所(MRI)のグループ会社となって2007年3月末で丸2年。コンサルティングやグランドデザインなどを得意とするMRIとの積極的な連携を推し進めてきた。相乗効果がでて、昨年度(06年9月期)の連結売上高、経常利益とも過去最高を達成できた。

 MRIは業種横断的な幅広い知識や最先端の研究開発を得意としている。一方で当社は実際のビジネスに落とし込んでいく力がある。今後は上流工程から運用サービスまで一貫して受注できる体制をより強めることで業界トップクラスの「一流カンパニー」だと称されるよう努める。

 一流とは業績だけで決まるものではない。社員のスキルや組織の内部統制など個人や会社のあり方も重要になってくる。

 当社はIT・サービスに必要な能力を体系化した「ITスキル標準」を導入し、SE・プログラマなど技量の可視化を進めてきた。これを人事制度と連携した評価体系としたことでスキルアップの動機づけを強化。社員全体のスキルに磨きをかける体制を整えた。

 また06年11月には内部統制の設計や手続きが適切かどうかを第三者機関が監査する「日本版SAS 70タイプII」も給与計算の受託業務分野で取得できた。ITスキル標準は主に個人のスキルに基づくものだが、SAS 70は組織のスキルをみるものだ。

 業績やスキルの向上、サービスメニューの拡充などを通じた顧客満足度を高めることで持続的な成長を成し遂げる。