変革にチャレンジ

木村高志 社長
 変革にチャレンジする年と位置づけている。構造改革やプロセス改革、高品質な経営の三つの領域で変革を起こしたい。私は、2009年10月に三菱東京UFJ銀行の常務から当社の社長に就任した。1年余りにわたって会社をみてきて分かったことは、SIやソフト開発の業務以外にも、多くのビジネスの可能性があるということだ。例えば、業務処理代行やBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)など、顧客のビジネスの構造や業務プロセスを変革することで、経営に役立つサービスビジネスを広く展開できる。同時に自らの構造改革やプロセス改革も率先して行い、収益力を高める。

 当社は、給与計算の受託業務で、業種業態を問わず約2000社41万人規模分の処理業務を行うなど、もともとアウトソーシングに強い。2010年4月には、衛生用品などで有名なユニ・チャームグループとシェアードサービスの会社の共同経営に乗り出した。

 当社が属する三菱総合研究所(MRI)は、経済・経営や科学技術といった多彩で高度な知見を擁するシンクタンクであり、当社の業務や情報処理の能力と組み合わせることで、顧客のビジネスや経営に役立つ高品質なシェアードサービスを提供することができる。預かったデータを単に機械的に処理するのではなく、高度な分析的手法を用いることで、課題や傾向を抽出。顧客の経営改革に生かす手法をより積極的に適用するなど、付加価値の高いサービス事業をより伸ばしたい。