年頭所感

【2012年 年頭所感】 OSK

2012/01/12 20:40

週刊BCN 2012年01月09日vol.1414掲載

顧客視点

宇佐美愼治 社長
 当社の親会社である大塚商会の営業力のすごさを改めて実感した。そのすごさは、東日本大震災からのお客様の復興支援に向けた手の打ち方に顕著に現れた。お客様が困っていることを把握して、すぐに解決策を実行に移した。そうしたこともあって、当社の製品もよく売れた。パートナー経由の販売が順調に推移したなかで、とくによく売れた製品は、統合基幹業務システム「SMILE シリーズ」だ。協力会社や大塚商会の力を借りて拡充してきた業種別テンプレートや「SMILE Custom AP Builder(CAB)」が受け入れられた。とくにお客様に評価されたのが、カスタマイズやランニングのコストを削減する「SMILE CAB」だ。

 2012年は、確実に需要が見込めるワークフローの販売を伸ばす。長年、基幹系と情報系のシステム開発を手がけてきた強みを生かすつもりだ。「SMILE」の業種別テンプレートもさらに拡充する。もともと強い販売管理や評判のよい人事・給与、生産管理に力を入れる。生産管理に関しては、「遉(さすが)」や「CoRE-Chain」を取りそろえた。生産革新ファミリーとして、製品開発を進める。

 そのためにも、当社の課題の解決に取り組む。キーワードは「顧客視点」だ。顧客満足度の観点からすれば、今の製品で十分とは言い難い。「顧客視点」に立ち戻り、さらに製品を拡充していく。
  • 1

関連記事

OSK 「SMILE」を筆頭に「第三の柱」確立を目指す 品揃えの拡充と営業・開発体制の整備を推進

【2011年 年頭所感】 OSK

おすすめ記事