年頭所感

【2012年 年頭所感】 SAPジャパン

2012/01/19 20:40

週刊BCN 2012年01月16日vol.1415掲載

情報の精度と鮮度

安斎富太郎 社長
 2011年の業績は非常に好調で、2ケタ成長を果たした。東日本大震災を受けて、企業がこれまでの経営のあり方を変革しようとしたのではないかとみている。SAPが提供するインメモリデータベースソフトや、モビリティ、サプライチェーン、顧客関係管理などが支持された。グローバリゼーションという面では、ドメスティックな企業でもグローバルでのSAPのベストプラクティスを導入していこうという機運が高まった。

 だが、まだまだ潜在的なニーズがあるのに、ソリューションのカバレッジが不十分だと捉えている。予想以上に市場が成長し、人材育成が追いついていないので、ビジネススキルの強化を進める必要がある。

 2012年は、進化するリアルタイム経営を実践するために、情報の精度と鮮度を高める。あらゆる可能性をシミュレーションするビッグデータ処理で精度を高め、デバイスを問わないモビリティで鮮度を高める。

 そのためにも、中堅企業に対するERP以外のソリューション提案を進める。また、ソリューションごとの専門性を高める。毎年1月にシンガポールで開催しているField Kick Off Meetingには、営業職全員を派遣し、グローバル市場の動向を肌で感じてもらう。パートナーとの関係は、確実に深まっているが、これをさらに深耕したい。共同セミナーを開催していくほか、20社程度のパートナーと年間計画を共有する。
  • 1

関連記事

日本オラクル 代表取締役社長兼最高経営責任者 新宅正明

【2011年 年頭所感】 日本オラクル

おすすめ記事