「京都はちょうどいいサイズ」とシステム創見の桑原人司代表取締役は語る。受託開発を事業の中心とするシステム創見では、少しずつ自社サービスの開発を増やしてきている。ただ、自社サービスを広く展開したり、さまざまなユーザーニーズに応えたりするには、一社では限界がある。そこで取り組んでいるのが、京都府内の企業が集まって、各社の得意分野を融合したサービスづくりだ。本来なら競合関係にあるため、協業は簡単には実現できない。それができるのは、京都が“ちょうどいいサイズ”のためというわけだ。