年頭所感

飛翔

2017/01/02 09:00

週刊BCN 2017年01月02日vol.1659掲載

 中期経営計画の取り組みとして、医療分野と教育分野に参入し、2年かけて各サービスの立ち上げや展開を積極的に進めてきた。

今城義和
社長

 この二つの分野に参入したのは、IT化が遅れていると捉えているからだ。医療では、米国で遠隔医療(テレヘルス)サービスを展開した実績をもとに日本でのサービスの提供に向けて準備をしており、国内大学病院と共同で心不全患者の再入院抑制および生活環境改善に向け、実証実験を進めている。

 また、企業の健康経営に貢献するサービスとして遠隔健康支援サービス「CAReNA」の提供を始めた。さらに、医療機関や在宅の情報連携モデルを展開し、地域包括ケアを支援する地域医療連携サービスを推進しており、すでに東京・青梅市の医療機関に導入済みで、他地域での導入に向けて準備をしている。

 ほかにも、深刻な医師不足や高齢化社会の対応が急務のなか、中国の病院とも今後の展開を検討しており、新たなビジネスを軸に収益確保を見込んでいる。

 教育では、教育機関と連携して開発したeポートフォリオシステム「まなBOX」の販売を開始した。六つの学校に導入済みで、ほかにも多くの教育機関で評価導入中の状況だ。

 2017年は中期経営計画の最終年度として、2年間の成果を新たな強みとしてしっかりと根付かせ、次のステップに向け羽ばたきたいと思っている。干支が「酉」であることを踏まえ、「飛翔」をキーワードにした。
  • 1

外部リンク

NSD=http://www.nsd.co.jp/

おすすめ記事