国の方針で、訪問診療や往診といった在宅医療・介護が推進されていますが、そこで浮かび上がる課題の一つが、医療関係者間の情報共有です。医療現場で使えるコミュニケーションツールとして、シェアメディカルでは専用のチャットサービスを開発しました。