金融分野でFinTechへの取り組みが活発化したことにより、さまざまな分野で「xxTech」を掲げ、ITを活用した新しい取り組みが進められるようになった。不動産分野では「ReTech(Real Estate Technology)」。IoTやAIを組み合わせた賃貸物件管理や遠隔操作による施錠など、ITの適用範囲が急速に拡大していることから、ReTechへの注目度が増してきている。不動産分野におけるシステム構築の経験とノウハウが豊富なシステムソフトは、ReTechへの取り組みを強化することによって、新たな成長分野を見出そうとしている。(取材・文/畔上文昭)