LPWA

 「Low Power Wide Area」の略。省電力で広範囲をカバーする無線通信技術の総称を指す。IoTでの活用が期待されている。

 LPWAは、比較的新しい無線通信技術。少量の通信で十分な場合が多いIoTの普及により、最近になって大きく注目されるようになった。

 多くの人が日常的に利用するスマートフォンや無線LANなどでは、大容量、高速の通信が求められる。一方、LPWAは、低容量、低速なのが特徴で、通信費が安い。

 規格によって性能は異なるが、通信に必要な電力は、高速通信をする場合に比べて少なくてすむ。LPWAの通信端末は、一般的に乾電池一本で年単位の稼働ができるという。

 通信範囲については、1キロから数十キロにも及ぶとされている。最大でも数十メートルでの通信に限られるBluetoothや無線LANなどの通信方式と比較すると、通信範囲は桁違いに広い。

 LPWAは、世界中でさまざまな通信規格があり、規格によってデバイスとインターネットを接続する方法は異なる。通信規格のなかで、注目されているのはLoRaWANとNB-IoT、SIGFOXの三つだ。

 LPWAは、地域に点在する工場や、広大な畑などでの使用に向いていて、機械の稼働状況や温湿度などのデータを集めることに役立つとされている。各種調査では、IoTデバイスは今後、急増すると予想されており、LPWAも急速に普及する可能性がある。

LoRaWAN/NB-IoT/SIGFOX

 左欄のLPWAのなかで、主要な三つの通信規格。免許をいらないアンライセンスバンドと、免許を必要とするライセンスバンドで、大きく二つに分けることができる。

 LoRaWAN(ローラワン)は、2015年に設立され、IBMやシスコなどがメンバーとなっている米国の業界団体「LoRaアライアンス」が推進する規格。免許を必要としない。すでに商用化が進んでおり、日本ではソラコムがサービスを開始している。

 NB-IoT(エヌビーアイオーティー)は、移動通信システムの標準化団体「3GPP」が進める規格。NBは「狭帯域」を意味する「Narrow Band」の略で、狭い帯域のLTEを使う。ほかの二つの規格と異なり、免許の取得が必要となる。既存のLTEを活用してサービスが展開できるため、携帯電話事業者が商用化に向けて実験を実施している。

 SIGFOX(シグフォックス)は、09年に設立されたフランスの通信事業者「SIGFOX」が提供している免許不要の通信規格。一国一事業者と契約してネットワークを構築しており、日本では京セラコミュニケーションシステムがサービスを展開している。

 LPWAの通信規格をめぐっては、各通信規格を提供する企業や団体が、世界的に激しい競争を繰り広げている。大きな市場に成長する可能性があるため、新規参入の動きもある。ソニーは、見通し100キロメートル以上の伝送性能などを備える新たな方式を独自に開発した。