IPアドレス

 「Internet Protocol Address」の略。数字列で表記し、インターネット上でPCやサーバーなどの機器を識別するために使う。インターネット上の「住所」として考えられることが多い。

 日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)によると、IPアドレスには、所有権という概念はない。国際組織の「Internet Assigned Numbers Authority」(IANA、アイアナ)が公共の資源として管理している。

 地域や国への割り当ては、地域インターネットレジストリ(RIR)や国別インターネットレジストリ(NIR)が担当する。JPNICは、日本国内の割り当てを担うNIRにあたる。

 IPアドレスには現在、「IPv4」と「IPv6」の二つの方式がある。主流なのはIPv4で、数字を区切って「123.456.7.8」などと表記する。ピリオドで区切られた十進法の数字を二進法に変換すると、8桁(8ビット)の数字が四つある。そのため、アドレス長は32ビットとなる。

 インターネットの普及に伴い、IPv4の枯渇が問題になった。標準化を推進する任意団体「Internet Engineering Task Force」(IETF)は、IPv4に代わる次世代のIPアドレスとしてIPv6を開発。IPv4からIPv6への移行が進められている。

 IPv6は、IPv4の4倍にあたる128ビットのアドレス長になる。一つのアドレスは、16ビットごとにコロンで区切り、16進法で表記する。アドレスの個数は約340澗(かん:10の36乗)個で、約43億個のIPv4を大幅に上回る。

MACアドレス

 「Media Access Control address」の略で、「マックアドレス」と呼ばれる。インターネット上で機器を識別するために使う番号を指す。IPアドレスと組み合わせることで、機器同士の通信が可能になる。

 MACアドレスは、機器に内蔵されているLANカードに製造段階で割り当てられる。同一の番号は存在しないと考えられている。番号は、電気学会(IEEE)が管理している。Windowsの場合は、「物理アドレス」がMACアドレスにあたる。

 アドレス長は48ビットで、表記する場合は、16進法を使い、「00:0A:BB:99:1A:CC」などと示す。一つの区切りを「オクテット」(8ビット)と呼ぶ。区切りにハイフンが使われることもある。前半の6桁がメーカーを示す。

 IPアドレスは、地域が変わった場合などに違う数字列が割り当てられる。一方、MACアドレスは、個別の製品に割り振られているため、重複の心配はほぼなく、地域が変わっても使い続けられる。

 インターネットで通信する場合、IPアドレスだけではデータのやりとりはできない。MACアドレスは、機器の「ID」にあたるため、ルータに登録して認証に使うこともある。

 ただ、インターネット上でMACアドレスを抜き出すことができるため、MACアドレス認証は、万全なセキュリティ対策とはいえない。

 MACアドレスは、番号の組み合わせに上限がある。しかし、アドレスの個数は約70兆個ともいわれており、IPv4のように枯渇する心配は今のところないと考えられている。