2017年は、雇用環境の着実な改善や国内企業の収益改善を背景に、企業のIT投資は堅調に推移した。当社は、メーカーや販売パートナーと協業し、地域に密着した営業活動で顧客深耕を推し進めた。パソコンを軸に周辺機器、ソフトウェアなどとの複合提案や、新たな利用シーンの提案によるモバイルデバイスの販売が好調に推移し、前年実績を上回った。

201801111845_1.jpg

野上義博
社長

 18年も、引き続きICT投資は底堅く推移していくものと思われる。IoT、AI、ロボットなどの新しいテクノロジーが創出され、付随するビジネスの拡大や、「働き方改革」に伴うITの活用が注目されている。当社においては、マルチベンダーのディストリビュータとして販売パートナーの期待に応えられるよう、ITビジネスの多様な支援体制を拡充しながら、協働で市場の創出に挑戦していきたい。また、ソフトウェアのクラウド化が進むなか、ユーザー契約、請求管理システム「iKAZUCHI(雷)」の普及に積極的に取り組み、全国の販売パートナーがクラウドビジネスをより提案しやすくなるよう、市場環境を整備していきたい。

 従来から掲げる「地域密着・顧客第一主義」を基本方針に、パソコン、モバイルデバイスなどの端末を軸としたITビジネスにこだわりをもって取り組む。国内外約1200社のメーカー・サプライヤーと、全国1万9000社の販売パートナーとともに、市場やユーザーの変化を敏感に取り込みつつ、市場活性化と成長を目指す。