ITシステムが企業の競争力を規定する割合が高まっている。ITによる競争力が、ある一定のしきい値を超えたとき、これまでにないような大きな変化が起きる。その潮目の変化を敏感に捉え、波に乗った企業はビジネスを大きく伸ばす。われわれSIerは、顧客とともに潮流に乗っていくことが成長につながる。

謝敷宗敬
社長

 これからを見通したとき、データを多く持っている企業が、より有利に立つ。ビッグデータ分析やAIの活用でも、元となるデータの優劣が強く影響するからだ。企業内部だけにとどまらず、外部の企業や団体、個人とデータを共有していくことで、データの量、質、そして価値も高まる。シェアリングエコノミー(共有経済)の原理と通じる。

 企業間の取引、あるいは消費者向けのビジネスのいずれもモノからコトへ、さらに進んでデータがもたらす価値を消費するようになる。従来型のビジネスが大きく転換するデジタルトランスフォーメーション(DX)が起こる。

 日本のDXがどういったかたちになるのか、当社は、その「答え」を顧客に示せるようになりたい。顧客と膝を突き合わせて「どうしたらよいものか」と、頭をひねるのが現行のSIのスタイル。当社は、もう一歩先に進んで顧客に「答え」を提示するとともに、「効果」の測定も着実に行っていく。

 SIerの「I」を「イノベーション」の「I」に置き換えていく時代が、そう遠くない将来に来る。そうしたビジネスの潮目の変化をしっかり掴んで一段と成長を加速させていく。