人事

オートデスク
代表取締役に織田浩義氏が6月1日付で就任。前職は日本マイクロソフト執行役パブリックセクター担当。
6月1日

チャットワーク
代表取締役CEOに山本正喜氏が6月1日付で就任。これまでのCTOも兼任。
5月31日

提携

ネットワールド
セカンダリストレージベンダーの米Cohesityと一次代理店契約を締結。独自分散ファイルシステム搭載のハイパーコンバージド型セカンダリストレージ製品により、バックアップ運用、開発/テスト用のクローンデータ提供など、効率的なデータ利活用を促進。
6月1日

ビースポークとJR東日本企画
業務提携により、JR東グループが窓口で自治体特化の訪日客対応チャットボットの提供を開始。多言語対応と集客に貢献。
6月1日

オープンストリームとトッパンフォームズ
AIによる画像解析技術を活用したソリューションで業務提携。紙帳票から、帳票入力GUIへの自動変換・生成を行うAI技術を開発。
5月31日

ネオスとMILIZE
金融業界におけるIT化をサポートするFintech事業の推進で業務提携。金融関連企業が提供するFintechサービスや営業支援ツールの開発、メディアやアプリケーション制作といったソリューション事業を推進。
5月31日

富士通クラウドテクノロジーズ、ゼンリン、防災科学技術研究所、エー・シー・エス
自治体向けの「気象災害予測支援システム」を活用し、福岡県朝倉市と避難支援情報早期提供の実証実験を実施。インフラ基盤にパブリッククラウドサービス「ニフクラ」を活用。
5月31日

日商エレクトロニクス
名古屋大学と学内のキャンパスネットワークを実験場に、サイバー攻撃の脅威を引き起こす不正な動きのリサーチや、セキュリティ製品の効果的な運用方法の開発を実施。未知の脅威の予測や効果的な対処方法を提案。
5月31日

マクニカネットワークスとNTTセキュリティ・ジャパン
産業用制御システム向けセキュリティ対策ソリューションの販売・監視サービスにおける協業を開始。社会インフラや工場、プラント、ビルシステムに対するサイバー攻撃対策のニーズに対応。
5月31日

シー・エス・イーとベーステクノロジー
特許ライセンス契約を締結し、認証ソリューションの製品開発で協業。二要素での認証を一つに統合し、強固なセキュリティと利便性を実現。
5月30日

アプトポッドとMELTIN
人を距離や身体能力から解放するアバターロボット(分身ロボット)の実現に向けて共同研究を開始。インターネットを利用したクラウドシステムを前提とするアバターロボットのプラットフォームを構築し、アバターロボットを活用するための研究を推進。
5月30日

バーチャレクス・コンサルティングとアシスト
RPA分野で協業。RPAソフトウェア「UiPath」とAEDANによる業務自動化ソリューションを共同推進。
5月30日

アビームコンサルティング
インドネシアのAstra Graphia Information Technologyと戦略的提携。インドネシアのローカル企業やグローバル企業に向け、デジタルトランスフォーメーションを推進するサービスを提供。
5月30日

アースアイズとNTT東日本
AIの活用により、小売業界における万引き被害の削減と店舗業務の効率化を推進することを目的に業務提携。最新型のAIカメラを活用した小売店舗向け万引き防止AIサービス「AIガードマン」を提供。
5月28日

キヤノンマーケティングジャパンとホーチキ
ネットワークカメラと入退室管理システムの連携システムで協業を強化。PCからネットワークカメラと入退室管理システムのどちらも遠隔操作でき、日常的な管理が一元化され、利用者の利便性が向上。
5月28日

NECとマルイ農協
鶏舎における鶏の健康管理と鶏卵品質の向上のため、AIを活用した「斃死鶏発見システム」を共同開発。斃死鶏の検知作業をNECの画像認識技術とAIを組み合わせて自動化。
5月28日

PSソリューションズ、伊藤忠飼料、CKD
スマート畜産分野で協業し、今秋から養鶏IoT(スマート養鶏)サービスの提供を開始。科学的栽培技術と遠隔自動化技術の融合で畜産の課題を解決。
5月28日

カレンシーポートとトムソン・ロイター
本人確認やマネーロンダリング対策、公的要人、テロ資金供与対策、汚職・腐敗などをチェックする「World-Check」のソリューション・パートナーとして提携。確実な本人認証を行うソリューションを提供。
5月28日

PoliPoliとLCNEM
ブロックチェーンを用いた開発強化で事業提携。マーケティングやプロダクトの開発や堅牢なセキュリティなどに取り組む。
5月28日

NTTデータとフロムスクラッチ
小売電気事業者に向けたデジタルマーケティングおよびデータ活用支援で協業。インフラ業界のデジタルシフト推進の足掛かりとして電力業界の変革を促進。
5月25日

子会社化

エプソン
新興セルビックの全株式を取得し、エプソンの100%子会社化。製造現場や生産管理を先進化・効率化し、製造プロセスの革新を目指す。
6月1日

経営統合

Japan REIT
Sound-Fの不動産システム開発部門を吸収分割により、6月20日に経営統合。不動産ファンド向けプラットフォーム事業を強化。
5月31日

設立

チームビューア
日本にオフィスを開設。主力製品のリモートアクセスソフトウェアの長期的なサービスを提供できる体制を確立。
5月30日

Datadog
日本オフィスの開設とカントリーマネージャーに中川誠一氏が就任したことを発表。クラウド環境運用監視サービスを提供。
5月30日

TidalScale
日本法人「タイダルスケールジャパン」を設立。複数サーバーを束ねて巨大な仮想マシンの構築を推進。
5月28日

JPPVRとフォーカスシステムズ
共同出資で「VRaiB」を設立。VRやAI、ブロックチェーン技術の新たな活用分野を開拓。
5月28日

移転

富士通クラウドテクノロジーズ
東京都新宿区北新宿から中央区銀座に本社を7月に移転。本格的なクラウド時代とデータサイエンス時代の到来に備えて本社機能を拡充。
6月1日

事例フラッシュ

ブルーエージェンシー
レオパレス21が、採用選考でウェブ面接システム「インタビューメーカー」を採用。全国で実施している面接の質の統一化、応募者との接触までのリードタイム短縮をサポート。
5月31日

日本IBM
荏原製作所が、業務プロセスの自動化と書類の電子化を実現するソリューションを導入。工場の生産効率の向上と自動化を推進。
5月31日

日本オラクル
日本メクトロンが、迅速な意思決定による経営管理と生産性向上に向けて、経営管理クラウドを採用。年間約2500時間の作業時間削減が目標。
5月31日

ビーブレイクシステムズ
広告代理店の新通の100%出資子会社、新通エスピーが、案件の原価予算/実績のリアルタイム把握に向けて、クラウドERP「MA-EYES」の導入を決定。将来的にユーザー数が増加しても追加料金が発生しないライセンス体系などを評価。
5月30日

日本オラクル
カブドットコム証券が、クラウドの活用によって、新発注基盤システムの高速・安定稼働を実現。アップデートのテストを自動化し、工数を75%削減。
5月29日

アドバンスト・メディア
岐阜車体工業が、車両監査業務に音声認識キーボード入力システム「AmiVoice Keyboard」を採用。作業時間短縮と作業ミスの低減を実現。
5月28日

パロアルトネットワークス
東急ハンズが、仮想化次世代ファイアウォールにより、AWSのセキュリティを強化。クラウド環境の出口対策により、未知のマルウェアや標的型攻撃を防御。
5月24日

富士通
北海道大学が、学際大規模計算機システムを構築。スーパーコンピュータシステムとクラウドシステムから構成される総理論演算性能4.0ペタフロップスのシステム。
5月24日