日本情報技術取引所(JIET)は、各支部で定期的に開催している商談会により、会員にシステム開発案件などを紹介しあうことが、重要なミッションの一つとなっている。ところが、近年はシステム開発案件が多く、エンジニア不足の状況にあるため、案件紹介の場としての商談会では、会員の満足度を上げることができない。そこで神奈川支部では、会社の規模が小さくても、高い技術力をもつ会員企業が多いことに着目し、将来の事業展開のきっかけとなるような活動に注力している。(取材・文/畔上文昭)