良好な受注環境が続いている組み込みソフト開発市場だが、その内訳をみると「明暗が分かれる危険性がある」と、コミュニケーション・テクノロジーの松本浩樹・代表取締役は指摘する。その背景の一つには、仕事は増えてもエンジニア一人当たりの利益は高まらず「貧乏暇なし」の状況に陥りがちであること。もう一つは、アプリケーション開発の比率が高まり「名ばかり組み込み」になるリスクだ。組み込みソフトベンダーとしての強みを生かす取り組みが、これまで以上に求められている。(取材・文/安藤章司)