18年は、スリムで筋肉質な経営体質にするため、財務体質の見直し、収益力の改善に取り組んだ。付加価値の高い提案を増やすことで利益率を高めた。18年度が最終年度となる中期経営計画では、社内的な改革に注力。基幹システム、ネットワークの入れ替えを実施し、次に向けて動くための体制を整えてきた。営業力、提案力の強化にも努めた。具体的には技術者と営業が役割を分担しながら、トータルでサポートする体制に変えた。技術知識のある営業マン、営業ができる技術者のようなスーパーマンを育てるのではなく、チームでお客様をサポートすることを重視している。いろいろな人が、いろいろな価値観を持ってサポートすることが重要だと考えている。その中で専門性、技術力を今年も高めていきたい。

鈴木範夫
社長
 今年、期待しているのは働き方改革とデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向けたお客様の投資だ。どちらもこれまでは大企業が中心に取り組んできたが、最近は中小企業にこの波が広がってきている。働き方改革、DX推進にAIやIoTなど新しい技術を絡めて提案していく。こうした新技術を使い、仕組みそのものを変えていく流れは急速に進んでいくだろう。

 今後、ITが社会インフラとして使われる比率が非常に高まっていくことになるだろう。その時、お客様から最初に相談されるファーストカンパニーとなるべく、お客様に価値あるソリューションを提案し、信頼を得ることに今年も努めていく。