エイチ・ピー・エスは、客先常駐でのソフト開発や受託ソフト開発で伸びてきた会社だ。「客先常駐はSEの頭数で売り上げの上限が決まったり、受注環境の悪化の影響を受けやすいなどのデメリットがある一方、さまざまな顧客のITシステムの構築経験を積んで、自社の強みを形成していくのに役立つメリットもある」と、三上智親代表取締役は指摘する。実際、同社では蓄積してきたノウハウを生かし、スタートアップ企業や学生ベンチャーのIT支援でビジネスを伸ばしている。(取材・文/安藤章司)