ウィズコロナ/アフターコロナにおいてはソーシャルディスタンスの確保を前提としたリモートワールド(分散型社会)に社会がシフトしていくという前提をNTTグループ全体で共有し、「Remote World」という新たなサービスブランドを創設した。当社もこの新たなブランドの下にサービスラインアップを整理している。

栗島 聡 社長

 さまざまな働き方を支援するデジタルワークプレイスソリューションは、目下、非常に伸長しているビジネスだ。NTTグループの公式ビジネスチャットである「elgana」、社内ヘルプデスクや各種申請・業務報告を処理するAIチャットボット、クラウド型勤務管理、リモートでのDevOpsを可能にするクラウド型ソフトウェア開発環境サービス「DevaaS 2.0」など特徴あるサービス群を揃え、顧客基盤を拡大している。

 また、次世代型のエッジコンピューティングに向けたR&Dも進めているほか、オーケストレータビジネスでは世界標準の優れた技術を活用しながら事業を強化している。これらの取り組みを生かして、グループを挙げて進めている「IOWN構想」の具体化に向けても中核的な役割を果たしていく。

 これまで培ったこれらの技術、経験、品質によって顧客企業のビジネスを支援するだけではなく、協創によってデジタルイノベーションを巻き起こし、新たなビジネスの創造に貢献していく。激変する経営環境の中で、お客様の真のビジネスパートナーとしての地位を確立したい。