ゼロトラストを実現するサイバーせキュテリティの概念の一つで、「Extended Detection and Response」の略称。ネットワーク、クラウド、エンドポイント、アプリケーションなど、それぞれのセキュリティ情報を集中的に管理・分析し、単体のセキュリティソリューションでは発見しにくい高度な攻撃への対応を図る。

 サイバー攻撃の高度化に伴い、複数のセキュリティソリューションを導入した場合、それぞれの製品ごとに管理する必要があり、分析作業などの負担が大きくなっていた。XDRを採用した場合では、ソリューションの配置箇所に関係なく、一つのコンソールでセキュリティ機器の統合管理ができるなどのメリットがある。