▼2月7日(現地時間)、冬季五輪がロシアのソチで開幕する。東京五輪の開催が決定した直後に開かれるだけに、身近な感覚でこのスポーツ祭典を見ることになるだろう。選手の戦いぶりだけでなく、ロシアがどのように自国をアピールし、式典を盛り上げるかに注目したい。

▼1月下旬、ソチから約700km離れたロシアの地方都市で、イスラム系の武装勢力による自爆テロが起きた。「オリンピックを開催すれば、攻撃する」というメッセージビデオを、インターネットを使って公開し、脅迫した。この暴挙を目にして、世界に緊張が走っている。ロシア政府は、厳重な警備体制を敷いて、開催に臨むことになる。

▼2020年の五輪が東京に決まった理由の一つとして、安全な都市だと認められた点が挙げられる。危機管理能力が高くて、他国に比べて犯罪が少ない東京を、選考委員会は認めたのだ。五輪の開催に向けて、東京はあと6年の間に、ITを駆使してスマート化を進めることだろう。便利で、過ごしやすい街を目指すことは喜ばしい。だが、それ以上に安全を意識しなければならない。ITはそれを実現する有力なツールになる。(鈎)