中小企業には、社長のパソコンに重要情報が集約されていて、もし故障などしてしまったら、経営に深刻な打撃を受けるようなケースが少なくないといわれます。手軽かつセキュアに利用できるクライアントバックアップソリューションに対するニーズは、根強いものがあります。

 サーバーメーカーのエーティーワークスと、バックアップソフトメーカーのアール・アイが手を組んで出した新製品は、まさにそうしたマーケットに向けた製品です。独立系ベンダー同士ならではのフットワークの軽さで、地方に顧客基盤をもつ販社向けのOEMなども検討し、幅広いユーザーの要望に柔軟に応えていく姿勢をみせているのも興味深いところです。このビジネスモデルが成功するか否か、個人的にも大きな関心をもっています。(本多和幸)

【記事はこちら】
エーティーワークスとアール・アイ PCバックアップも網羅したオールインワンサーバー SMBへの拡販に注力
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.4.12」より