セキュリティへの悩みというと、ウイルス感染や情報漏えいが一般的で、思い浮かべやすいかもしれません。しかし一方で、一部の業界が抱えるセキュリティ上の問題というものも存在します。例えば、EC事業者ではサイトへの不正アクセスや、商品の不正購入などが悩みの種になっています。

 富士ソフトでは、こうした問題に対処するため、オンライン詐欺対策ソリューションを強化しています。このソリューションの核となるリスクベース認証製品は、米国では広く浸透しているものの、日本ではそれほど普及していないのだそうです。なかなか対応できなかったこれらの問題に対処する手段として、今後、リスクベース認証が日本でも広まっていく可能性は高いといえるでしょう。(前田幸慧)

【記事はこちら】
富士ソフト オンライン詐欺防止ソリューション「ThreatMetrix」リスクベース認証の普及を目指
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.10.31」より