一般社団法人生命保険協会がまとめた「2016年版生命保険の動向」によると、個人保険の保有契約件数は2012年以降、過去最高を更新し続けています。これに貢献した契約者の一人としては、万一の時、保険金がいつ支払われるかは気になるところです。

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険では、契約者からの請求があってから、支払いまでに平均約3営業日が必要だそうです。同社は、「IBM Watson Explorer」を活用し、支払期間のさらなる短縮を目指すことにしました。導入の経緯や期待する効果については、記事をご覧ください。(廣瀬秀平)