近年、設立されたスタートアップ企業では、ビジネスの核にAIを据えているところが多く、それぞれが特色ある技術を武器にしています。そうしたスタートアップの一社であるGAUSSのAI技術は、BtoC向け事業として手がける競馬予測がルーツにあります。

 なので、同社のAIの強みは予測分析。AIを使ったマーケティング技術の共同開発を行っているアパレル企業のANAPと21日、商品画像から自動的にタグを抽出して付与するシステムを開発したと発表しました。関塚正平取締役によると、「将来的には流行や需要予測もやりたいと考えている」とのこと。GAUSSは今年5月に設立されたばかりですが、すでに今後の展開が気になる一社です。(前田幸慧)