東京で生活していると、外国人観光客と出会わない日はほとんどありません。訪日客数が年々増加しているというのも実感を伴って理解できます。

 ただ、訪日客のみなさんが何に興味をもち、どこをどういうルートで観光しているのか。そこまではわからず、ふと考え出すとちょっと気になります。Agoopが新たに提供を開始したサービス「Kompreno」は、そうした観光客の足取りを国別にも分析できるのだとか。

 ここから得たデータを使って、マーケティングに活用することも可能です。Komprenoは、世界200か国・地域における2週間前から10分前までの流動人口を、地図やグラフを用いて可視化することができるサービス。Agoopでは、世界中のデータをもつことを強みに、グローバル展開を目指しています。(前田幸慧)