最近、なにかと話題の「アジャイル」。先日、アジャイル開発を取り入れた担当者に取材する機会がありました。アジャイルを肯定的に捉える論調ばかりが目立つので、思わず「デメリットが全くないなんて、そんなことはないですよね?」と聞いてみました。それに対する答えは「デメリットがあっても、すぐに改善するのがアジャイルなんですよ」でした。自分の頭の固さに恥ずかしさを覚えた瞬間でした。

 短いスパンでタスクを消化するアジャイルは、なにか問題があっても、それが重大化する前に解決してしまう特徴があるのだと言います。当然、全ての案件に有効とは言えないでしょうが、アジャイル開発が持つメリットを改めて見直す必要がありそうです。(銭君毅)