ユーザー企業の情報システム部門は、既存システムの維持運用の負担が大きく、デジタルトランスフォーメーション(DX)まで手が回らないケースが多いといいます。実はSIerも同様で、ユーザーの情シス同様、DXまでなかなか手が出せない状況とも。

 これでは本末転倒だということで、NTTデータは既存案件とは切り離したデジタル専任の人員を増強。ユーザー企業にも働きかけてDXを専門とする“第二情シス”のような組織をつくってもらい、双方ともに別働隊としてDXを推進していきたいと話しています。

 さらに協業場所も社内から物理的に離れたデザインスタジオを用意。これまでの仕事のスタイルや価値観、日常を一新するようなモダンなスタジオです。斬新な発想を引き出し、DX実現に向けてアクセルを踏んでいくとのこと。(安藤章司)