TISインテックグループでアウトソーシング事業を担うアグレックスは、コインランドリーとIoTを組み合わせた実証実験に取り組んでいます。コインランドリーの運用自動化やサービス向上を目指したものとのこと。

 具体的には、ユーザーが手元のスマートフォンで洗濯機の空き具合を調べて予約したり、洗い終わったときに通知が届くようにしたりするといったサービス向上や、機材の故障の有無などをリモートで監視するなどの運用を想定しています。

 アウトソーシングといえば、人手のかかる作業を請け負う労働集約的なイメージがありましたが、今回のコインランドリーの運用のように、IoTや自動化技術を駆使して、無人化・機械化するアウトソーシングの商談が活性化しているそうです。(安藤章司)