新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、1都3県と北海道での解除が発表されました。これで、全都道府県での解除が実現することになります。

 約1カ月半にわたって休業していた店舗などの営業が再開し、止まっていた経済活動が徐々に動き出すことが予想されます。

 しかし、企業にとって、先行きは不透明なのが実情です。5月12日に決算を発表したNECは、20年度の業績予想について、新型コロナウイルスの影響は限定的との見方を示しました。

 業績予想は「20年度上期で感染拡大がある程度終息し、下期で立ち上がる」(新野隆社長兼CEO)ことが前提。状況が長引けば、業績への影響は広がる可能性があります。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
NECの19年度決算 純利益は過去最高 20年度、新型コロナの影響は限定的か