緊急事態宣言が明け、都心への人出が回復してきています。自粛から解放されて経済活動が再開されるのは喜ばしい一方、昨日、東京都では30人以上の新型コロナ感染が確認されており、「第2波」到来が懸念されます。これ以上の感染拡大を防ぐためにも、特に平日の仕事はなるべくテレワークを継続した方がいいのではと感じるこの頃です。

 ただ、テレワークで心配になるのがセキュリティ。急ぎテレワーク対応が求められたこともあり、社外でも安全に仕事ができる環境の整備が間に合わなかった企業も多いことがうかがえます。そうした中で、テレワーク時のセキュリティ課題を解決する新たなソリューションやキャンペーンが日々登場。セキュリティベンダーもテレワーク需要獲得に動いています。(前田幸慧)

【記事はこちら】
テレワーク環境を早期に実現、JSecurityがクラウドサービスで提供